【ONE PIECE】ドレスローザSOP作戦とは何か?について解説!

スポンサーリンク

ONE PIECEのドレスローザ編におけるSOP作戦の内容について、解説したいと思います。

※以下、単行本のネタバレを含みます!ご注意ください!!

 

SOP作戦とは何の略?

SOP作戦は「(S)シュガー(O)おったまげ(P)パニック」作戦の略です。標的はドンキホーテ海賊団トレーボル軍の特別幹部であるシュガーであり、彼女を気絶させることが作戦のかなめでした。ウソップたちはオモチャの兵隊(キュロス)とレオたちからドレスローザやオモチャたちにまつわる闇について聞かされ、このSOP作戦に協力することになりました。

シュガーの基本情報

ドレスローザSOP作戦の標的であるシュガーについて、基本情報は下記の通りです。

ドンキホーテ海賊団/トレーボル軍/特別幹部

初登場⇒第731話

誕生日:10月22日

年齢:22歳(外見年齢:10歳)

身長:110cm

星座:てんびん座

血液型:XF

出身:北の海

悪魔の実:ホビホビの実

好きな食べ物:グレープ

シュガーの能力について

シュガーが食べた悪魔の実は“ホビホビの実”です。触れた者をオモチャにする能力であり、オモチャにした者を意のままに操ることができます。さらに、オモチャにされた者は人々の記憶から存在ごと消えてしまうという恐ろしい能力です。シュガーのこの能力により、ドンキホーテ海賊団によるドレスローザの支配はより強固なものとなりました。

SOP作戦の結果

シュガーの好きな食べ物はグレープです。そのため、グレープそっくりに作った世界一辛い調味料「タタババスコ」の塊を彼女に食べさせることで、気絶させようという作戦でした。しかし思惑は外れ、レオたちは敗れロビンもシュガーによってオモチャにされてしまいます。そしてウソップは拘束され、「タタババスコ」を毒だと勘違いしたシュガーはそれをウソップに食べさせました。その結果、ウソップは口から火を噴きとんでもない形相のまま叫び出し、その姿を見たシュガーは気絶してしまいました。

 

いかがでしたでしょうか?

計画通りではないですが、シュガーがおったまげて最終的に気絶しているので大成功です!こうしてみるとルフィたちの場合、計画通りにやらない方が成功している場面が多い気がしますね。そしてこのSOP作戦成功を機に、ドレスローザはこの後大きく揺れることになります。

関連するこちらの記事もどうぞ!

【ONE PIECE】ウソップが“ゴッド”ウソップと呼ばれるまでの経緯について解説!

【ONE PIECE】ドフラミンゴが提案したゲームと受刑者&懸賞金について解説!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!