【ONE PIECE】ロックス海賊団について解説!

スポンサーリンク

ONE PIECEのロックス海賊団について、現時点で判明している内容をまとめました。

※以下、単行本のネタバレを含みます!ご注意ください!!

 

ロックス海賊団とは?

センゴクによると、「ロックス海賊団」とは、大昔にある一つの儲け話のために“海賊島”ハチノスに集められたメンバーで結成された、一癖も二癖もある集団のことです。彼の話によると、この海賊団は船内でも“仲間殺し”が絶えない凶暴な一味であり、そのメンバーは船長“ロックス”を筆頭に、若き日の白ひげにビッグ・マム、カイドウといった面々が揃っていました。四皇として君臨したこの3人は、かつて同じ海賊船に乗っていたのです。さらに、金獅子、銀斧、キャプテン・ジョン、王直など、後に名を上げた海賊である彼らも「ロックス海賊団」出身であることが判明しました。

船長ロックスについて

船長であるロックスの野望は、「世界の王」になることでした。世界政府にテロ組織のように牙を剥いた彼らの起こす事件は、ほとんどが世界政府にもみ消されましたが、その脅威は当時の世界中に届いていました。ロックスはすでにこの世にいませんが、彼の本名は“ロックス・D・ジーベック”、つまりロジャーやルフィたちと同じく“D”の名を持つ海賊でした。

ゴッドバレー事件によって一味は壊滅

運命の事件は、38年前に「ゴッドバレー」という名前の島で起きました。世界最強と呼ばれていた“ロックス海賊団”がゴッドバレーで壊滅したのです。海軍中将でありルフィの祖父でもあるガープが「海軍の英雄」と呼ばれることになったのは、実はこの事件がきっかけでした。そしてこの事件の真相は、ゴッドバレーにて“天竜人”とその奴隷たちを守るため、そこに居合わせたガープとロジャーが手を組み、「ロックス海賊団」を打ち破ったというものでした。

この「ゴッドバレー」という島ですが、現在は地図にも記されておらず、そして実際に島は跡形もなく消えています。センゴクによると今や“ロックス”という名前さえ知らない海兵も多く、それは世界の禁忌に触れすぎたために「ロックス海賊団」に関する情報が今に残っておらず、センゴクたちの世代の一部の海兵の記憶に残るのみになったためです。

 

いかがでしたでしょうか?

白ひげであるエドワード・ニューゲート、彼が仲間殺しを白ひげ海賊団の決して破ってはならない鉄の掟としたのは、ロックス海賊団での経験からなのかもしれませんね。

そして、海賊島“ハチノス”ですが、現在は「黒ひげ海賊団」提督であり四皇のマーシャル・D・ティーチ(黒ひげ)が元締めとなり、海賊たちの楽園としてこの島を支配しているようです。

ちなみに、“海賊島”という言葉はこちらの記事でも登場しています。
【ONE PIECE】“デービーバックファイト”とは何かについて解説!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

解説 ワノ国編
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ワンピな情報まとめサイト