【ONE PIECE】“そげキング”の正体とは?現れた経緯についても解説!

スポンサーリンク

ONE PIECEの“そげキング”について、その正体や現れた経緯等について解説したいと思います。

※以下、単行本のネタバレを含みます!ご注意ください!!

 

“そげキング”について&その正体

“そげキング”とは、狙撃の島からやって来たスーパーヒーローであり、ウソップの親友です(本人談)。ちなみに、狙撃の島は“君たちの心の中”にあるそうです。実は…“そげキング”の正体はウソップです。彼は赤いマントと黄色の仮面(鼻の部分には穴が開いているので長い鼻は隠せていない)を着用し、“そげキング”となりました。

“そげキング”登場の背景

ウォーターセブンでG・M(ゴーイングメリー)号の修理を巡り、船長であるルフィとウソップは対立します。二人の口論はついにメリー号をかけた決闘へと発展し、敗北したウソップは麦わらの一味から抜けると宣言し去ってしまいました。しかしその後、彼は巻き込まれる形でエニエス・ロビー行きの海列車にフランキーと共に連行されます。そして海列車にロビンを助けに来たサンジとも合流し、ロビンがウソップを含めた麦わらの一味全員の無事と引き換えにエニエス・ロビーに向かっていることを知ります。

ロビンを助け出そうと意気込むサンジとフランキーをよそに、ウソップは自身はロビンの救出には関わらないと宣言します。それは決闘に負けて麦わらの一味と決別した手前、これ以上麦わらの一味と一緒にはいられないという理由からでした。そのままサンジとフランキーの前からウソップは立ち去りました。“そげキング”に変装したウソップが彼らの前に現れたのはそのすぐ後のことです。

 

いかがでしたでしょうか?

麦わらの一味に正体がバレないための変装でしたが、ルフィとチョッパー以外のメンバーには一瞬でバレていました。(そりゃそうですよね!)ただそれでも、その姿は当時のウソップなりのけじめだったのだと思います。

関連するこちらの記事もどうぞ!
【ONE PIECE】ウソップが“ゴッド”ウソップと呼ばれるまでの経緯について解説!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!